岡山大学工学部同窓会
 
工学部同窓会代表をお引き受けして
酒井貴志(昭和45年3月 合成化学科卒)

今回、予期せず工学部同窓会の代表を引き継がせていただくことになりました。身に余る役割であることは承知していますが、加藤代表をはじめ幹事会からの要請もあり、お引き受けさせていただくことにしました。これまで、加藤代表には10年間にわたって工学部同窓会のために多大の貢献をしていただき、同窓会を代表して厚くお礼申し上げます。

さて、工学部は、昭和35年(1960年)に、機械工学科、工業化学科それぞれ定員40名の2学科の学部として、大学と地元の大きな期待に支えられて発足しました。それ以来、日本の高度成長期に合わせて急速に発展し、現在定員460名の岡山大学最大の学部に発展しています。また、卒業生も17、000人に及ぼうとしています。

これから、日本は量的な発展から質的な発展に転換すべき変化の時ですが、これだけの卒業生が社会の第一線で活躍していることを誇りに感じます。この時、同窓会が学部と卒業生との情報や人的な交流のかなめとしての役割を果たし、両者の発展に寄与していけるようになることを願っています。


岡山大学工学部同窓会
代表幹事 酒井貴志


△戻る