電気通信系学科紹介

ホーム > 電気通信系学科紹介 > 研究室一覧

研究室一覧

電気電子工学コース

超電導応用工学 [ 金 錫範(教授) 植田浩史(准教授)]
 近年のエネルギー・環境・資源問題を解決できる高効率・低損失の電力および電気機器を開発するために,最新の超電導材料(高温超電導体,金属系Nb3Sn,MgB2など)と技術を活用し,(1)超電導応用機器の基盤技術,(2)超電導特性測定法および解析,(3)高温超電導応用に関する研究を行っています。右画像のイメージ
電力変換システム工学 [ 平木英治(教授) 七戸 希(准教授) 梅谷和弘(助教)]
 入力電力を必要に応じた出力電力に変換することができるパワーエレクトロニクス技術や無損失での電力供給を可能とする超電導体等を応用し,小型・軽量・低損失の電力・電気機器の開発を行っています。これらにより,自然エネルギーの有効利用や地球環境にかかわる諸問題の解決に取り組んでいます。現在は,非接触給電装置,高周波誘導加熱装置,電気自動車用電源,超電導変圧器を用いた大電流電源,超電導機器の運転監視装置などの開発を行っています。

右画像のイメージ
電気エネルギー・システム制御工学 [ 舩曳繁之(教授) 今井 純(准教授) 高橋明子(助教)]
 太陽光等の自然エネルギーや水素を利用した発電システムとして太陽光発電システムと燃料電池,エネルギー貯蔵装置(EDLC)をハイブリッド化した新しい分散型電源システムの開発,安定な電力供給システム構築のためエネルギー貯蔵装置を有する電力制御システムのメタヒューリスティクスによる最適化の研究に取り組んでいます.また、社会で広く利用されている電子制御の高機能化を目指し,最新のシステム最適化や制御理論とその応用の研究,システム制御技術の実用化を目指した研究にも取り組んでいます.右画像のイメージ
先端医用電子工学 [ 塚田啓二(教授) 紀和利彦(准教授) 堺 健司(助教)]
 「センサ」と「計測」をキーワードに様々なセンサデバイス,計測システムの開発,及び様々な分野への応用研究をおこなっています。とくにセンサに関しては新規な原理・構造に基づくマイクロデバイスを設計製作するところからはじめています。また、開発したセンサを実社会で役立ててもらうために、計測システムまでを製作して実証しています。右画像のイメージ
ナノデバイス・材料物性学 [ 林 靖彦(教授), 山下善文(准教授), 西川 亘(助教), 羽田真毅(助教) ]
 半導体は,コンピューターの中だけではなく,太陽電池や,電力を送る素子や,各種センサー,液晶画面など,様々な所に使われています。私たちは,現在広く使われている半導体であるシリコンに加えて、カーボンや有機物質など,優れた性質を持つ新しい半導体材料を研究対象として,ミクロよりさらに小さな1mの10億分の1のナノと呼ばれるごく微小な大きさで原子や分子の並びを制御して材料の特性を高め(ナノテクノロジー),省エネルギーや環境にやさしい電子素子を作製する研究を行っています。右画像のイメージ
マルチスケールデバイス設計学 [ 鶴田健二(教授) 石川 篤(助教)]
 次世代の電子・光デバイスの設計および新原理の提案を目指し,電子材料・光材料の物性およびそれらのデバイス化に関する電子・原子レベルシミュレーション,電磁界・音波の伝播シミュレーション,ならびに並列計算技術・ネットワーク利用技術を活用した大規模シミュレーション技術の開発を行っています。右画像のイメージ
波動回路学 [ 佐薙 稔(准教授)]
 衛星放送・通信,電力伝送などへの応用を目指した、マイクロ波・ミリ波の増幅器,発振器,電力分配器などの電磁波回路の研究が中心です。右画像のイメージ
光電子・波動工学 [ 深野秀樹(教授) 藤森和博(准教授) 田上周路(助教)]
 インターネットや電話などの情報通信は,ほとんどが光回線となっています.また,DVD・BDや薄型テレビなどの光技術応用製品は生活に欠くことができなくなりました.当研究室では,光技術をさらに幅広く展開し,環境分野,医療分野,エネルギー分野などへ応用すべく,光技術・光デバイスの基礎から応用まで幅広い研究を展開しています.右画像のイメージ

通信ネットワークコース

情報伝送学 [ 山根延元(准教授)]
 人の五感の内で視覚と聴覚から得る情報は非常に多く、私たちの日常生活に欠かせないだけでなく、映画や音楽といった形で感動を伝えてくれる重要なメディアです。またCTスキャナのような画像処理技術や音響信号処理技術は医療や産業現場のいたるところで用いられています。本研究室では、視覚や聴覚から得る情報をコンピュータを使って効率よく処理したり伝送することを目的に、画像や音響信号の数学的モデルとその応用の研究を行っています。右画像のイメージ
情報システム構成学 [ 杉山裕二(教授) 籠谷裕人(講師)日下卓也(講師)]
 情報システム構成学分野では、通信ネットワークとアプリケーションで構成される情報システムについて、ハードウェアとソフトウェアの両面から、高速性・信頼性・安全性・利便性の向上を目指した研究を進めています。ハード面では非同期式プロセッサ設計法や暗号高速化回路、ソフト面では、ネットワークとソフトウェアのセキュリティ、誤り訂正符号や電子透し技術、ネットワークを利用した授業・学習支援システムなどに関する研究をしています。右画像のイメージ2
医用情報ネットワーク学 [ 横平徳美(教授) 福島行信(助教)]
 本研究室では、インターネットを中心とした情報ネットワークの高速化と高機能化を目標として研究を行っています。具体的には、日々増加するインターネットトラヒックの収容が求められている光バックボーンネットワークの設計・制御技術、インターネットの安心・安全な運用を脅かす分散サービス拒否攻撃やコンピュータウィルスの感染行動を早期かつ正確に検出する方法などについて研究しています。右画像のイメージ
モバイル通信学 [ 上原一浩(教授) 冨里 繁(准教授)]
 当研究室では、100Mbps以上のマルチメディアサービスの提供を目指した次世代移動通信システムを実現するための技術課題、とりわけ、必須条件となる超高速大容量化技術としてのOFDM/OFDMAやMIMOチャネル信号伝送技術、シームレスなサービスエリア構成と柔軟なエリア拡大に資するためのセンサネットワーク技術を中心に、移動電波伝搬特性の解明とエリア推定法、システム間干渉と共存方法などの研究を行っています。右画像のイメージ
セキュア無線方式学 [ 野上保之(准教授)]
 本研究室では、現代情報化社会におけるデータの暗号化やユーザの認証など、とくに重要となる情報セキュリティ技術に関して、少ない情報量で極めて強力な安全性を実現する楕円曲線暗号や、これをさらに応用したペアリング暗号などの暗号技術についての研究開発を行っています。とくに、電子認証に用いられる公開鍵暗号と呼ばれる技術について、計算効率を損なうことなく暗号の強度を自由自在に調節できる方式を開発しています。右画像のイメージ
マルチメディア無線方式学 [ 田野 哲(教授)]
 本研究室では“いつでも,どこでも,どんな状況でも”必要な情報を素早く伝える無線通信方式の研究を行っています.潜在的に無線通信方式がもっているこの潜在能力を最大限に引き出すため,送受信機におけるアンテナ制御方式,MIMO空間多重通信方式,あるは誤り制御法の研究,さらには複数の送受信機が協調するCoMP通信方式の研究を行なっています.一方,任意の信号の送受信が行なえる「夢の受信機」を実現するソフトウェア無線技術にも取り組んでいます.右画像のイメージ
分散システム構成学 [ 舩曵信生(教授) 栗林 稔(准教授)]
 安全・快適・高度なネットワーク利用を目的として、公開鍵暗号をベースとしたグループ署名技術とその匿名認証への応用、複数の無線ルータにより低コストで大規模無線 LANを実現する無線メッシュネットワーク、近年注目されているオープンソースソフトウエア利用のためのマニュアル自動生成システム、WEBを用いた教育活動支援システムNOBASU、光多重ネットワークの最適設計技術などのテーマについて研究を進めています。右画像のイメージ
光電磁波工学 [ 豊田啓孝(教授) 五百籏頭健吾(助教)]
 情報通信システムの速度をより速く、また、信頼性をより高めるための研究を行っています。携帯電話やパソコンのような電子機器で発生する不要な電磁波―電磁雑音―を抑えたり、その悪影響を小さくしたりする設計技術に関係した研究です。講義で学んだ電気回路学や電磁気学の知識だけでなく、実際の製品開発・製造現場の約束事も踏まえて研究しています。そのほか、レーザ光などを用いた通信技術の開発やリモートセンシングにも取り組んでいます。 右画像のイメージ