ニュー

まちなかキャンパス城下ステーションで「夏の夜空を観察しよう」を開催

 創造工学センター技術支援部門では、8月3日(日)に「夏の夜空を観察しよう」を開催しました。岡山後楽園夜間特別開園幻想庭園特別イベント星空観望会(主催:ライフパーク倉敷科学センター)の協賛協力の中で土星や夏の星座の観察を行う予定でしたが、雨天のため、まちなかキャンパス城下ステーションにて星に関する勉強会を行いました。
 会場では、本学理学部技術職員がプロジェクターを用いて、観察予定であった星座や惑星について詳しい説明をし、ipadや星座板を使って、星の動きや惑星の位置を確認したり、見えるはずであった人工衛星の軌道も確認しました。保護者の方からも質問あり、楽しい時間を過ごしていただいたようでした。また、夏休みに自宅で観察する際のポイントも説明し、晴天の夏休みに夜空を楽しんでいただけそうでした。
 今回の出前実験は、平成26年度岡山大学「大学機能強化戦略経費」(社会貢献の推進・テーマ5−2学都構想推進支援)により実施しました。

     

(14.08.04)