研究室一覧

超電導応用工学 [ 金 錫範(教授) 植田浩史(准教授)]

 近年のエネルギー・環境・資源問題を解決できる高効率・低損失の電力および電気機器を開発するために,最新の超電導材料と技術を活用し,「超電導応用機器の基盤技術」,「超電導特性測定法および解析」,「高温超電導応用」などに関する研究を行っています。 右画像のイメージ

電力変換システム工学 [ 平木英治(教授) 七戸 希(准教授) 梅谷和弘(助教)]

  入力電力を必要に応じた出力電力に変換するパワーエレクトロニクス技術や無損失での電力供給を可能とする超電導体を応用し,小型・軽量・低損失の電力機器の開発を行っています。おもな研究対象は,非接触給電装置,高周波誘導加熱装置,電気自動車用電源,超電導変圧器を用いた大電流電源,超電導機器の運転監視装置などです。これらの実用化・高性能化・高機能化を実現し,自然エネルギーの有効利用や地球環境にかかわる諸問題の解決を目指していきます。 右画像のイメージ

電気エネルギー・システム制御工学 [ 舩曳繁之(教授) 今井 純(准教授) 高橋明子(助教)]

 本研究室は,電力システムとメカトロシステムのための新しい制御技術の確立を目指し,以下のテーマに関連した研究を行っています。
・自然エネルギーや水素を利用した次世代電源システムの開発・評価
・安定な電力供給を維持するための電力制御システムの開発
・社会で広く利用されている電子制御の高機能化のためのシステム最適化
・空間分布した物理量を望ましい形状へと整形する制御系の設計

先端医用電子工学 [ 塚田啓二(教授) 紀和利彦(准教授) 堺 健司(助教)]

  「センサ」と「計測」 をキーワードに様々なセンサデバイスの開発,計測システム及び様々な分野への応用研究を行っています。現在の研究は,
 1.生体磁気計測の研究
 2.非破壊検査システムの開発
 3.ガスセンサシステムの開発
 4.テラヘルツを用いたバイオセンシング
があり,固定概念にとらわれない幅広い分野に渡った研究を行っています。
右画像のイメージ

ナノデバイス材料物性学[ 林 靖彦(教授), 山下善文(准教授), 西川 亘(助教)]

  半導体は,コンピューターの中だけではなく,太陽電池や,電力を送る素子や,各種センサー,液晶画面など,様々な所に使われています。私たちは,現在広く使われているシリコンに加えて,カーボンや有機物質など,優れた性質を持つ新しい半導体材料を研究対象として,1m の10億分の1のナノと呼ばれるごく微小な大きさで原子や分子の並びを制御して材料の特性を高め(ナノテクノロジー),省エネルギーで環境にやさしい電子素子を作製する研究を行っています。

マルチスケールデバイス設計学 / 波動回路学[ 鶴田健二(教授) 佐薙 稔(准教授)]

 マルチスケールデバイス設計学 ミクロな電子・原子レベルからマクロな電磁波・音波の伝播までを結び付けるマルチスケールシミュレーション手法の開発,それに基づくナノ材料・デバイス,無線送電・環境発電システム等の創成・設計・解析を行っており,その応用分野は,主としてエネルギー・資源・環境です。
波動回路学 携帯電話・テレビなどから,レーダー・電子レンジなどの大電力用途まで,幅広くかつ高効率で使用できる電波機器に関する研究を行っています。

右画像のイメージ右画像のイメージ

光電子・波動工学 [ 深野秀樹(教授) 藤森和博(准教授) ]

 電子の振動で生み出される電磁波(光や電)や物質の振動で生み出される弾性波(波や音波)などの「波動」を様々な分野に応用する研究を行っています。
 1.光ファイバと半導体光デバイスを応用したセンシング技術の研究
 2.表面プラズモン共鳴を応用した物質センサの研究
 3.光技術の医療応用に関する研究
 4.マイクロ波を用いた無線電力伝送およびエナジーハーベスティング技術の研究
 5.弾性波によるエネルギー輸送技術とその応用システムに関する研究
右画像のイメージ

 

情報伝送学 [ 山根延元(准教授)]

 人の五感の内で視覚と聴覚から得る情報は非常に多く,私たちの日常生活に欠かせないだけでなく,映画や音楽といった形で感動を伝えてくれる重要なメディアです。またCT スキャナのような画像処理技術や音響信号処理技術は医療や産業現場のいたるところで用いられています。本研究室では,視覚や聴覚から得る情報をコンピュータを使って効率よく処理したり伝送することを目的に,画像や音響信号の数学的モデルとその応用の研究を行っています。 右画像のイメージ

情報システム構成学 [ 籠谷裕人(講師)]

 情報システム構成学分野では,通信ネットワークとアプリケーションで構成される情報システムについて,ハードウェアとソフトウェアの両面から,高速性・信頼性・安全性・利便性の向上を目指した研究を進めています。ハード面では非同期式プロセッサ設計法や暗号高速化回路,ソフト面では,ネットワークとソフトウェアのセキュリティ,誤り訂正符号や電子透し技術,ネットワークを利用した授業・学習支援システムなどに関する研究をしています。 右画像のイメージ2

医用情報ネットワーク学 [ 横平徳美(教授) 樽谷優弥(助教)]

 コンピュータやネットワークに関する技術の進展により、インターネットには、従来のパソコンやスマートフォンだけでなく、自動車、医療機器、ロボット、エアコン、冷蔵庫など多種多様なものが接続されるようになって来ました。本研究室では、よりたくさんのデータをより安全に、送受信と保管ができ、ネットワーク内部に故障が起こったとしても素早く迂回して通信することのできる新しいインターネットの仕組みについて研究しています。 右画像のイメージ

モバイル通信学 [ 上原一浩(教授) 冨里 繁(准教授)]

 当研究室では,5Gの更に先の将来モバイル通信システムの実現を目指した新しい無線技術の確立に取り組んでいます。とりわけ,10Gbps 以上の超高速大容量化の実現に必須となるOFDM/OFDMAやMIMO チャネル信号伝送技術,シームレスなサービスエリア構築と柔軟なエリア拡大を実現するための電波伝搬技術や回線設計技術,将来のセンサネットワーク技術,新しい無線伝送方式としてのLED可視光通信やミリ波帯超高速通信技術の研究を行っています。 右画像のイメージ

情報セキュリティ工学 [ 野上保之(教授) 日下卓也(講師)]

 本研究室では、現代情報化社会におけるデータの暗号化やユーザ認証など、特に重要となる情報セキュリティ技術に関して、IoTデバイスに適した楕円曲線暗号(Elliptic Curve Cryptography)やその応用であるペアリング暗号などの暗号技術についての研究開発を行っています。それらに加え、大規模並列攻撃やサイドチャネル攻撃による暗号の安全性検証およびその対策、擬似乱数系列の生成、誤り訂正符号(Error Correcting Codes)よる通信の高信頼化、実験用の電気自動車を用いたCAN通信に関する研究など、ICT社会の安全・安心と更なる発展を実現する研究開発を行っています。

マルチメディア無線方式学 [ 田野 哲(教授) 侯 亜飛(助教)]

 本研究室では“ いつでも,どこでも,どんな状況でも”必要な情報を素早く伝える無線通信方式の研究を行っています。潜在的に無線通信方式がもっているこの潜在能力を最大限に引き出すため,送受信機におけるアンテナ制御方式,MIMO空間多重通信方式,あるは誤り制御法の研究,さらには複数の送受信機が協調するCoMP 通信方式の研究を行っています。一方,任意の信号の送受信が行える「夢の受信機」を実現するソフトウェア無線技術にも取り組んでいます。 右画像のイメージ

分散システム構成学 [ 舩曵信生(教授) 栗林 稔(准教授)]

安全・快適・高度なネットワーク利用サービスの創成を目標として,様々な研究活動を進めています。複数設置されている無線装置を総括的に管理して最適なネットワーク環境を自動構築するシステムや,マルチメディアコンテンツの不正コピーを防ぐ電子透かし技術,多数のパソコンを用いた並列計算システムの研究を行っています。また,基礎となるプログラミング教育のためにJPLAS(Java Programming Learning Assistant System)を開発しています。

光電磁波工学 [ 豊田啓孝(教授) 五百籏頭健吾(助教)]

 「光」と「電波(電磁波)」をキーワードに,新たな発想で光や電波を「操る」技術や設計手法を研究しています。例えば,電波を利用した製品は,スマートフォンやゲーム機,自動車など日常生活では当たり前となり,今やスマートウォッチなど身に着けられる製品も登場していますが,写真のような製品の心臓部となる電子回路基板では,信号が伝わる配線の位置を数mm 変えるだけで誤動作することがあり,従来技術の延長では設計が困難だからです。 右画像のイメージ

ネットワークシステム学 [ 福島行信(准教授) ]

 みなさんのPCやスマートフォンからはインターネットが昔と変わらずに利用できているようにみえますが、実はインターネットは、日々増加する通信量や消費電力に対処するために、また、自動運転やロボット制御などの超低遅延通信を行う新たなサービスの要求に応えるために、絶えず成長し続けています。本研究室では、インターネットを対象として、省電力を指向した仮想網マッピング技術に関する研究や、いつでも、どこでも、すぐそばで超低遅延通信を提供できるサーバ移動サービスに関する研究などに取り組んでいます。