岡山大学 enpit

enPiT2-Securityの説明

enPiT2とは

enPiT2は高度IT人材の育成を目指す取り組みである、文部科学省「成長分野を支える情報技術人材の育成拠点の形成(enPiT)」のうち大学学部生、高専生を対象とした教育プログラムです。

「ビッグデータ・AI」や「セキュリティ」などの4分野を対象に大学・企業の協力のもと、実社会における問題解決を重視した講義や演習など、特色あるプログラムを提供します。

enPiT2に関する詳細はこちら

enPiT2-Securityとは

enPiT2-SecurityはenPiT2の4つの分野のうちセキュリティ分野における取り組みです。14の大学が連携して運営する教育プログラム、Basic SecCapコースを立ち上げています。

Basic SecCapコースは喫緊の課題であるサイバーセキュリティ分野の人材育成を目標として、基本的技術と実践力を備えた人材を育成する講義・演習を開発し提供しています。

Basic SecCapコースでは受講者は自身の目標に応じて受講内容を設定することが可能です。受講内容に応じてBasic SecCap 7、8、10という3つのレベルのコース修了認定を受けることができます。

enPiT2-Security、Basic SecCapコースに関する詳細はこちら

岡山大学での取り組み

Basic SecCap 8まで取得可能な科目を提供

岡山大学(工学部 電気通信系学科および情報系学科)は平成29年度からenPiT2-Securityの連携校の1校として参加し、専門科目1科目、演習科目2科目、先進演習科目1科目を提供しています。これにより、Basic SecCap 8までの修了認定を岡山大学内での受講により取得することができます。

提供科目リスト
種別 科目名 単位数 時期
専門科目 セキュリティ総論E 2 後期
演習科目 PBL演習-F「暗号ハードウェアセキュリティ演習」 1 後期集中
演習科目 PBL演習-G「クロスサイトスクリプティング対策演習」 1 夏期集中
先進演習科目 先進PBL-G「安全性評価のための衝突型暗号攻撃演習」 1 夏期集中

各科目の詳細はこちら

幅広いセキュリティに関する実践的な科目

岡山大学では、ハードウェアやオペレーティングシステム(OS)、暗号アルゴリズム、ネットワークなどを専門とする複数の教員が参加しています。そのため、セキュリティに関して幅広い分野の科目を提供することを可能としています。

各科目は演習を中心としたものになっており、解説した内容を実際に体験しながら学習することができます。また、一部の科目では企業とも連携し、実際に企業でセキュリティに関する業務を行っている方を講師として招くなど、より実践的な科目の提供を行っています。

実績

平成29年度は一部受講生を含む102名の学生が岡山大学の提供するenPiT科目を受講しました。そのうち、20名は岡山大学以外の学生で、enPiT科目を受講した学生は他大学の学生と交流することで見識を深めています。

Basic SecCapコースを修了した岡山大学の学生のうち49名がBasic SecCap 7を、18名がBasic SecCap 8を、3名がBasic SecCap 10の認定を受けています。また、2月にはBasic SecCapコース修了式を開催し、修了生に対して修了認定証と記念品が授与されました。