ニュー

学生8名が中国の東北大学を訪問しました.

9月18日から22日までの間,情報系の大学院生(電子情報システム工学専攻および生命医用工学専攻)6名と学部生(情報系学科4年生)2名が中国・瀋陽市の東北大学を訪問し,2017 Northeastern University and Okayama University Student Workshop on Computer Science に参加しました.

現地では,東北大学のSchool of Computer Science and Engineeringの学生8名とともに研究発表(スライドおよびポスター)を行いました.ポスター発表では,両大学の学生が研究内容について活発な議論を交わしたり,東北大学の学生が製作した試作機を体験したりして交流を深めていました.この他には,Wei Li准教授による講義「Smart Medical Information Management」の受講や,学生ロボット製作チーム・3Dプリンタ施設・学内ベンチャー企業(映像制作会社)・東北大学歴史博物館の見学,日本語学科の学生達とのグループディスカッションやカードゲームを通した交流を行いました.大学外の施設にも足を運び,東北大学から生まれたIT企業Neusoftや,遼寧省博物館および瀋陽故宮を訪問しました.

参加した岡山大学の学生達は,東北大学の学生との交流や瀋陽の各種施設の見学を通して,英語によるコミュニケーション能力や国際感覚の重要性を再認識したようです.東北大学と岡山大学は大学間交流協定を結んでおり,情報系では今後も学生の派遣や受け入れを通して交流を続けていく予定です.

研究発表題目

題目:Investigation of Music Classification: Towards Music Selection for Enhancing Performance at Daily Work
著者:Kaoru Takase, Masanobu Abe and Sunao Hara

題目: Wandering Detection of a Person with Dementia Using GPS Data
著者:Yumi Okabe, Sunao Hara and Masanobu Abe

題目:Prioritizing Association Rules to Characterize Software Defects
著者:Takashi Watanabe and Akito Monden

題目:Two-Step Software Effort Estimation
著者:Naoki Kinoshita and Akito Monden

題目:Extended Association Rule Mining for Multivariate Functions
著者:Hidekazu Saito and Akito Monden

題目:Analysis of a Decentralized Discrete-Time Algorithm for Algebraic Connectivity Estimation
著者:Kento Endo, Norikazu Takahashi and Sang-Gu Lee

題目:Proposal of a Newton-Type Algorithm for Nonnegative Matrix Factorization with Alpha-Divergence
著者:Satoshi Nakatsu and Norikazu Takahashi

題目:Multiplicative Update Rules for Nonnegative Matrix Factorization with Regularization Terms
著者:Akihiro Koso and Norikazu Takahashi


Opening Ceremony後の記念撮影


ロボット製作チームActionの見学


研究発表会(スライド発表)


研究発表会(ポスター発表)


研究発表会後の記念撮影


日本語学科の学生達との交流


餃子店での昼食


瀋陽故宮の大政殿

(17.09.26)