学科紹

理念・目的・目標

教育理念

 高度情報化社会といわれて久しい現代において,情報系学科はその社会基盤を支えるのに必要不可欠な技術者および研究者を養成します。そのために,コンピュータのソフトウェアとハードウェア,人間の知能を代行する人工知能,情報と計算の科学,ならびにそれらを知能システムや社会情報システムに応用する技術など,情報工学に関わる様々な知識を,理論と実習のバランスをとりながら系統的に教育します。情報工学に基づく技術は,コンピュータシステムやソフトウェアシステムの設計・運用,高度情報処理のみならず,社会の隅々に浸透したあらゆる情報サービスの基盤技術として不可欠であり,これからの産業と社会の持続的発展のためにも欠かすことはできません。情報系学科では,このような学術と社会からの要請に応えるために,コンピュータと知能に関する科学・工学の教育を通して,情報処理の専門技術者,情報システム技術者と情報工学の研究者を養成します。

 

教育目的

 情報系学科では,コンピュータと知能に関する科学・工学に立脚して,情報処理の専門技術者,情報システム技術者あるいは情報工学の研究者を養成するために, 次のような教育目標を掲げます。


  • (1) 応用数学,計算機数学,論理に関する科目ならびにハードウェア基礎科目を自然科学と技術の基礎科目として置き,論理的な思考・記述力の養成をはかります。
  • (2) 外国語科目や専門英語を通じて,国際的に通用するコミュニケーション能力を習得することを奨励します。
  • (3) コンピュータの基礎理論,プログラミング演習やコンピュータシステムに関する実験科目を通じて,アルゴリズムデザインから進んで,コンピュータシステムや情報システムに関する設計能力を養成します。
  • (4) プログラミングやコンピュータシステムなどに関する講義と演習を通じて,計画的に仕事を進め,まとめる能力を養成します。
  • (5) コンピュータシステムとソフトウェアに関する講義または実験科目(データ構造とアルゴリズム,コンピュータアーキテクチャ,プログラミング言語論,オペレーティングシステム,コンパイラなど)を体系立てて,情報処理の専門技術を教育します。
  • (6) 情報システムに関する科目(情報ネットワーク論,データベース論など)により社会情報システムに関する基礎教育を行います。
  • (7) 情報理論,符号理論や制御論などを通じて,情報と制御分野への応用力を育成します。
  • (8) 多くの講義と特別研究において,情報に関わる科学と工学の両面を考慮し,応用能力や時代変化に対応する自己学習能力を養成します。
  • (9) 一般教養科目,情報倫理,ならびに情報と職業に関する科目を通じて,自然科学と社会,技術者倫理,情報化社会の福祉について考える力を養います。

さらに情報系学科では,専門科目各論を系統的に学習できるように,「計算機工学コース」と「知能ソフトウェアコース」の2コースを設定しています。各コースでは,上記の学科共通の教育目標に加え,個別に次のような教育目標を定めます。

  • 計算機工学コース
    コンピュータの仕組みや動作の基本原理を理解してその応用力を養います。そのために,論理設計やコンピュータアーキテクチャに関する科目を通じて,コンピュータのハードウェア,ハードウェアとソフトウェアのインタフェースについて基礎教育を行います。
  • 知能ソフトウェアコース
    コンピュータを利用した高度情報処理システムの専門家の養成をめざします。具体的には,人工知能や知能システムに関する科目を通じて人工知能とその応用について,また画像処理に関する科目を通じて高度情報処理について,基礎教育を行います。

 

教育方法

目的と目標を達成するために,以下の教育概念の基にカリキュラムを構成します。

  • (1) 1年次には,主として教養教育科目ならびに専門基礎科目を配し,専門分野にとらわれない幅広い教養とコンピュータリテラシを含む工学全般の基礎的内容について習得させます。
  • (2) 2年次には,プログラミング言語,情報処理システム,情報処理基盤に関する基礎的内容の科目を配置して情報工学の基礎知識を修得させます。さらにプログラミング演習によって,UNIX 環境下におけるプログラミング言語による構造的なプログラミング能力の習熟を図ります。
  • (3) 3年次には,2年次で教育した情報工学の基礎科目につづく学科専門科目を配し,基礎科目の咀嚼を図るとともに専門各論により応用力を養成します。さらに3年次には,コンピュータシステムの設計能力を育成するための情報工学実験を通じて,課題への主体的取り組みと,実験計画の立案,協調作業,レポート作成など技術者としての基礎力を身につけさせます。
  • (4) 4年次に進級した学生は,希望に応じて各研究室に配属して特別研究を課し,各研究分野の最先端の研究テーマなどに取り組ませます。この特別研究を通じて,3年次までに習得した知識を具体的な問題解決に応用する能力を鍛え,情報処理の専門家として活躍するための素地を作り上げます。
  • (5) 講義科目や演習・実験科目については,科目相互の関連を配慮して配置年次等を決定します。さらに,プログラミング等の実学とその背後にある数学等の理論を関連付けて教育します。
  • (6) 3年次に配当する専門英語により,技術英語の読み書きの能力を高め,国際的に通用する技術者の育成をめざします。