学部紹

教育への取り組み

教育理念

 人間、社会、環境等の何れにも配慮し、人類の存続と繁栄に必要な科学技術の発展のために、基礎研究と応用研究に邁進し、先端的研究を志向し、その成果を 基に国内外及び地域に貢献するために、学部・修士・博士課程の特長ある教育システムにより高度専門技術者、若手研究者の育成を行います。
 岡山大学工学部は、平成23年4月より機械システム系学科、電気通信系学科、情報系学科および化学生命系学科の4学科構成に改組し、自主的な行動力、総合的な判断力、国際性、倫理観を有する「課題探求型人材」育成のために4年一貫教育を次の理念で行います。
 また、各学科内には、コースが設定されており、より専門的な人材の育成を図ります。

「課題探求型人材」育成のための教育理念

Idea1 専門分野の基礎的知識の修得と活用能力、自主的な学習能力、探求能力の育成

専門分野の基礎的・基本的知識を修得して活用できるようにし、自主的持続的に学び、探求し、まとめる能力を育成します。

Idea2 幅広い視野と柔軟で総合的な判断能力の育成

自主性・探求能力の向上に伴い、さらに広い問題に対して、問題点の整理、関連技術、今後の解決策、環境・社会的影響等について総合的に判断する能力を育成します。特に、学部教育においては、基礎理念、基礎・応用設計、製作、評価の一貫的な能力を育成します。

Idea3 倫理観、社会貢献する態度の育成

技術者、研究者、社会人としての倫理観、社会貢献についての視点を明確にできる能力を育成します。特に社会貢献については、自主的に活動に参加する積極性を育成します。

Idea4 日本語と外国語の充分なコミュニケーション能力、及び情報活用能力の育成

国際的な高度専門職業人として必須である語学及び情報処理の基本・応用能力を育成します。

Idea5 豊かな人間性の育成

教養教育、専門教育による学生の文化的・学問的・技術的資質の向上、及び大学生活での交友と、課外活動、社会活動への参加による一般資質の向上により、豊かな人間性を育成します。

 

教育課程

 岡山大学工学部では、課題を自ら探求し、その課題を解決するために、考え、工夫することができる人材を育成することを目標に掲げ、教育改革に取り組んでいます。
 改組後は、入学したすべての学生が工学の基礎を十分に修得し、技術者・研究者に必要な基礎的なスキルと、幅広い工学・技術の基本的知識を身につけた後 に、十分な専門知識を修得できるように教育システムを構築しました。また、講義だけではなく、物に触れ、体験して学習する演習・実験科目にも重きをおいて います。
1年次には、教養教育科目(ガイダンス科目含む)と全学科に共通の「専門基礎科目」を履修します。
 1年次のガイダンス科目及び専門基礎科目は、学科混在のクラス編成となっており、他学科の学生との交流のきっかけとなります。
2年次には、教養教育科目と、コース振り分け前の前期に各学科共通の「学科専門科目」を、後期には学科専門科目と、「コース専門科目」の基礎的な科目を履修します。
3年次には、コース専門科目の履修により専門能力を高めます。
 その際、他の学科・コースの学科専門科目・コース専門科目をも受講できるようにします。
4年次には、コース専門科目の履修により専門能力を一層高めると共に、特別研究を行って課題発見・探求能力、自主的学習力・デザイン力・プレゼンテーション力などを総合的に身につけます。
教育課程

ガイダンス科目・専門基礎科目

  社会人として必要な基礎的な素養・能力
  日本語と英語のプレゼンテーション力、基本的な情報処理能力、工学倫理、工学安全教育
  自然科学の基礎知識
  物理学基礎、化学基礎、生物学基礎、微分積分、線形代数、確率統計、微分方程式
  幅広い工学の基本的知識
  工学部の9つのコース専門分野の重要基本技術についての概論、プログラミング、4つの学科ごとの基礎実験実習