トピック

アジアにおける認知症の早期診断・リハビリ技術の国際研究拠点形成と若手研究者育成

◆ 産学連携プロジェクト:日本学術振興会 アジア・アフリカ学術基盤形成事業
◆ 平成21年度~23年度
 本事業は、認知症の早期診断基準・技術の共同研究と教育、認知症のリハビリテーション技術の確立、および大学院学生と若手研究者の育成を目指して、日本・中国・韓国・シンガポールの研究機関と協力し、共同研究・国際セミナーを実施して、国際研究拠点の形成を目指します。

(11.03.16)