トピック

さくらサイエンスプログラムで内モンゴル民族大学の教員1名と機械関連学科の学部4年次生14名を招聘

 さくらサイエンスプランとして,岡山大学大学院自然科学研究科では, 2017年7月16日(日)から23日(日)の8日間にわたって,内モンゴル民族大学の教員1名と機械関連学科の学部4年次生14名を招聘し,ロボット工学,システム工学や生物機能工学に関する先端的な研究や技術に触れていただいた.また,日本の文化や技術に触れるために,第2日(17日)にはオリエンテーションと特別講義の後,岡山城と後楽園,第7日(20日)には倉敷科学技術センター,倉敷美観地区,大原美術館を訪問いただいた.

 本実施でのロボット工学,システム工学や生物機能工学に関連する講義,実習や見学は以下の通りである。

 第2日(17日)午前にはオリエンテーションがあり,研修スケジュールや注意事項等についての説明を受けた.午後には,生物の機構や知能を模擬したヘビ型ロボットの研究・開発に関する特別講義(亀川哲志講師)を受講した.その後,岡山市内を散策し,岡山城と後楽園を訪問して中世の日本文化に触れた.

写真1
ヘビ型ロボットの研究に関する特別講義

 第3日(18日)は,産業用小型ロボットアームの操作実習,カメラを用いて対象を認識してロボットアームを自動動作させるプログラム作成実習を行い,また3Dプリンタを用いたオリジナルメダルの設計,製作を行った.(指導者:柴田光宣技術職員)夕方にはインタフェースシステム学研究室の学生企画で歓迎会が開催され,学生同士の交流を深めながら,岡山名物の白桃と庶民の味のたこ焼きを楽しんだ.

写真2
小型ロボットアーム操作実習

写真2
歓迎会

 第4日(19日)午前には,インタフェースシステム学研究室で実施されているロボット工学やシステム工学に関する研究について,所属の学生よりデモンストレーションと説明を受けた.また,午後には,多数のリンクからなるヘビ型ロボットを共同製作し,ヘビ型ロボットの機構と制御方法の基礎を実習した.(指導者:亀川講師)

写真3
完成したヘビ型ロボットを持って

 第5日(20日)は,瀬戸内海を一望できる鷲羽山より水島コンビナートを遠望し,与島パーキングエリアで瀬戸大橋を間近に見て四国へ渡り,讃岐うどんの昼食後,香川大学林町キャンパスを訪問した.工学部知能機械システム工学科でロボット関連研究を推進されている佐々木大輔准教授からパワーアシストを行うウェアやグローブの開発に関する講義を受講し,佐々木准教授の研究室においてパワーアシストウェア、また、井上恒助教の研究室において人体の動きの精密計測や高機能な大腿義足の開発などの先進的技術を見学した.

写真4
パワーアシストを行うグローブのデモンストレーション

写真5
歩行動作の精密計測

 第6日(21日)は,午前に模擬講義として、「電子回路」(学部2年次生対象)ではオペアンプ、「安全インタフェースシステム学」(大学院博士前期課程科目)ではシステムの安全性向上に対して近年注目されているレジリエンス工学についての講義(実施代表者:五福明夫教授)を受講した.また,招聘者の希望により,球面モータの動作原理についての講義も受けた.午後には、岡山大学大学院自然科学研究科で先進的なiPS細胞を用いたドラッグデリバリーなどの研究を進めている妹尾昌治教授のナノバイオ分子設計学研究室と,マイクロなアクチュエータ研究を推進している神田岳文教授のシステム構成学研究室での研究状況を見学した.

写真6
ナノバイオシステム分子設計学研究室の紹介

写真7
システム構成学研究室の見学

 本実施は招聘した学生さんにとっては,日本の先進的なロボット工学,システム工学,生物機能工学の一端を身近に見たり触れたりできたことにより,今後の学習意欲が高まったとのことであった.また,日本への留学意欲も大いに高まったようで,留学のために自分がすることなどの質問が出たりした.岡山地区の歴史的文化に触れることもでき,大変有意義であったとの感想であった.また,引率の教員にとっても,今後岡山大学と連携して内モンゴル自治区での関連研究の発展を図りたいとのことであった.

写真7
修了証授与

(17.07.16)